ハクビシンの駆除相場とそのやり方とは?

ハクビシンの駆除相場とは?

夜中にバタバタと騒いだり、糞尿によって異臭騒ぎを引き起こす厄介なハクビシン。都会だけでなく、最近では地方でも悪さをしています。
さて、そんな厄介者のハクビシンを駆除するにはどれくらいのお金がかかるのでしょうか?また、どんな方法で撃退するのでしょうか?

 

最初にハクビシンの駆除相場を、以下にまとめてみました。

 

ハクビシンを追い出しすための工事費用・・・1平方メートルにつき900円程度
ハクビシンの侵入口を遮断する費用・・・場所によって差が出るものの10,000円~27,000円程度
ハクビシンの捕獲用ゲージの設置・管理費用・・・1ヶ所につき25,000円程度
糞・巣の回収作業費用・・・量にもよりますが10,000~17,000円程度
ノミ・ダニなどの殺虫駆除・・・1平方メートルにつき1,000円程度
殺菌・消臭作業・・・1平方メートルにつき1,000円程度
ハクビシン駆除の申請代行費・・・1回につき50,000円程度

 

駆除する場所やハクビシンによる被害によって、もちろん見積金額も変わってきます。1つの業者の見積もり金額を信じ込むのではなく、何社かの金額を比べて判断していくことをオススメします。

 

また、上記の金額は、あくまでも相場ではありますが、安すぎる業者には十分に注意するようにしてください。

 

工事に手を抜いたり、せっかくお金をかけたのにほとんど効果が見られなかったという残念な事態を招きかねませんので、十分に注意しましょう。

 

業者選びに失敗すると、こんな被害が待っている

 

ハクビシンによる被害を徹底的に抑えたいのであれば、業者選びは本当に大切です。でも、駆除費用が安いからと言って、安易に選ぶのはご法度です!
業者選びに失敗すると、こんな被害が待っているかもしれません。

 

  • まったく被害が改善されない。
  • 追加料金を請求される。
  • ハクビシンの駆除に必要だと嘘をついて、関係のないリフォーム工事を勧める。

 

このような被害に遭わないように、ハクビシンの駆除を業者に依頼する前には値段の相場と大体の駆除内容を事前知識として頭の中に入れておくことが大切です。

ハクビシンの駆除方法とは?

ハクビシンの駆除をするためには、きちんと順を追って作業を進めていくことが大切です。

 

ハクビシンの訪問調査

ハクビシンの被害がどの程度のレベルなのかを、訪問調査によって明確にしておく必要があります。侵入経路や糞尿の量などをきちんと把握した上で、駆除作業に移っていくことになります。

 

ハクビシンを追い出す

基本的にはハクビシンを追い出した後に、駆除のために侵入口を塞ぎます。方法としては、燻煙剤をたいて煙を蔓延させハクビシンを追い出したり、ハッカ油木や酢液を散布する方法などがあります。

 

ハクビシンを追い出してから、侵入口を防ぐなどの措置を取っていきます。

 

捕獲するには申請が必要

ハクビシンを捕獲するためには、「有害鳥獣駆除の申請」をすることが必要です。お住まいの地域の保健所市役所・農業振興センター・都道府県庁に申請を出さなければいけません。

 

糞尿を除去する

ハクビシンの糞尿は悪臭を伴いますので、しっかりと除去・消毒をしておくことが大切です。ハクビシンの糞は一か所に固まっていることが多く、その糞が他の生物を引き寄せる原因になり兼ねません。

消毒・殺菌を念入りにする

ハクビシンの糞には、さまざまな細菌が含まれています。その細菌が新たな病気を引き起こしてしまう可能性もあるので、消毒・細菌を念入りにすることが大切です。

 

ハクビシンの侵入口を塞ぐ

上記の行程が全て終わったのなら、最後にハクビシンの侵入口を塞いでいきます。この作業をきちんと完了しないと、いつまで経ってもハクビシンはいなくなりませんので、とても大切な作業になります。

 

きちんとした業者に任せれば、上記の作業を1つ1つ丁寧にこなしてくれるはずです。業者を探す段階で、今後どのような作業スケジュールになるのかをハッキリとさせておきましょう。

プロが厳選した害虫駆除業者のおすすめサイトを見てみる